生理前・生理中は臭いに敏感になるらしいって本当!?

生理前や生理中に急に「におい」に敏感になる人がいるという噂をご存知ですか?
たとえば他人の体臭や香水のかおり、食べ物のにおいなど、ありとあらゆるものに過敏な反応を起こしてしまったり、自分は臭っているんじゃないだろうか、と自分のニオイまで気になってしまう…という症状が現れるのだそうです。

 

果たして、このような「匂いに敏感になる」という症状は、生理と何か関係があるのでしょうか?

 

生理前や生理中は妊娠の初期と似た症状が出る?

「臭いに敏感になる」というのは、妊娠初期によく見られる症状のひとつですが、生理前や生理中の女性にも表れると言います。
いったい、なぜなのでしょう?

 

生理前や生理中の女性は、妊娠初期の人と同じように女性ホルモンのエストロゲンの分泌バランスが崩れることが分かっています。
そのため、エストロゲンの微妙な増減が、嗅覚の過敏を引き起こすのではないかと考えられているようです。

 

それが原因で、化粧品や香水、食べ物など、普段はイヤなにおいとは思わないものに拒絶反応を示すのではないかとされています。

 

臭いにあまりに過敏なときは月経前緊張症の可能性も

月経前緊張症

においが気になるのは辛いことですが、それ以外にも生理前後に身体的・精神的な症状が酷ければ、月経前緊張症の可能性があります。
ニオイに敏感になるという症状の他に、・腹部の膨満感やむくみ・頭痛、腹痛、腰痛・めまい、倦怠感、食欲不振・抗うつ、不安、睡眠障害、情緒不安定等の症状が出て、なおかつ耐えられないほど辛い時は、月経前緊張症を疑ってみるのが良いでしょう。
その場合は、我慢せずに婦人科で治療を受けるといいかもしれません。
生理の始まった時期や症状などを簡単にメモしておくと、後の治療に役立つそうです。
とにかく、無理は禁物です。

 

においに敏感になるという症状には、大豆イソフラボンがいいらしい!

大豆イソフラボン

生理前や生理中にだけ起きる、においに敏感になる症状。
その時期を越えると何もなかったように気にならなくなりますが、簡単に軽減させる方法は無いのでしょうか?

 

ホルモンバランスの乱れによるイライラや匂いに敏感になる症状は、大豆イソフラボンが効果的だといわれています。
大豆イソフラボンは、エストロゲンと似た働きをするとされているので、生理前や生理中の気になる症状に効果的なのだそう。
特に豆乳には、良質な大豆イソフラボンが豊富に含まれているので、豆乳を摂取すると改善が見込めるようです。

 

まとめ

生理前や生理中は様々な不調を感じますが、においに敏感になるという女性も多いようです。
あまり気にしないようにリラックス出来ればいいのですが、強い症状があったり、においが気になりすぎて食欲がない場合は、我慢せずに婦人科を受診するようにしましょう。
また、気になるようであれば、匂い対策グッズを使ってみるのも良いかもしれません。